2019年03月02日

訪台二日目

訪台二日目は許さん宅で台湾の家庭料理をご馳走になりました。

074.JPG
許さん次男 許さん奥様 周名誉博士

009.JPG
食卓いっぱいに並んだ台湾南部の家庭料理

昼食ご博覧会場の后里(こうり)へ行きました。
014.JPG

入場して直ぐにマンゴの花を私達は初めて見ました。
026.JPG
これがマンゴの花です。栗の花に似ていました。

037.JPG
小さく実った青いマンゴが見られます。

033.JPG
045.JPG

夜は10年振りに再会しました。
陳さんご夫妻にご馳走になりました。
078.JPG
陳さん奥さんの弟、劉さん。友人の陳さん。へんこつおやじ

昭和48年初めて訪台した時からの台中の友人
陳さんとは10年振りの再会でした。
二日目の夜は台中の山の頂きに在ります。
山荘風の椿料亭”名月居”でご馳走になりました。

062.JPG
先付けかな? 南京のジュレ風

063.JPG
創作八寸風

064.JPG
白身の焼き物

065.JPG
玉子蒸し チ−ズがタップリ入っていました。
美味しかったです。

066.JPG
車えび揚げ物、マスタ−ド味噌ソ−ス

070.JPG
野菜の胡麻タレ和え?

067.JPG
このあたりからほろ酔い加減なので
この料理何だったかな!!!

073.JPG
果物盛り合わせ

台湾ではこの様な料理は初めてご馳走になりました。

名月居の料理担当の調理師さんは未だお若い方でした。

日本の熊本で修行されたとお話くださいました。

風土の異なる国や土地での日本料理風を提供するのは

大変な仕事だと経験の無い私は想像します。

072.JPG

出てくる料理には違和感が在るのは

日本人なら当然なのですが、

ご馳走になった料理全てに台湾人が日本料理風に

一生懸命料理されて居る様子は感じられた料理でした。

次回はこの後、陳さん宅で二次会をしましたので

その様子をブログしょうかな!!!










posted by 加茂 志津男 at 11:17| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

オ−ル巨人さんのフルスィング!!

今日は台湾の二回目のブログを送信でしたが、

昨日、ゴルフ番組の書き込みでトンでもない、

書き込みを見ましたので、反論します。

ゴルフ好きの方なら大抵のお人はご存知の

 ”ゴルフ侍 見参” と申しますゴルフ番組があります。

それぞれのゴルフクラブのクラブチャンピオンが

シニア−プロとスクラッチのマッチプレイでガチンコ対決する番組です。

私のゴルフ友達の漫才師のオ−ル巨人さんが

この番組に出られました。

二年程?前に成るのかな?

毎朝、ネットでこの録画番組を見ているのですが

或る日の書き込みで

オ−ル巨人さんのスイングが本スイングか

素振りか紛らわしく素振りを、空振りばかりとの

書き込みを私は見つけました。

確かに、オ−ル巨人さんは本スイングの前に

ブルンと思い切りスイングされます。

それは、それは、側で見ていたら見事で、気持ちの良いスイングです。

決して、空振りでは有りません。

そして、オ−ル巨人さんがゴルフをされる時は

決して、漫才師芸人のゴルフでは有りません。

南出繁さん個人の真面目な、正直なゴルフをされています。

最近の日本人はどうして、真面目にされている行為を

冷めた、冷ややかな目で見るんでしょうか?

先日も、急病人が出たのに列車を停めたら

会社におくれるから、

女学生に停車ボタンを押すなと言ったサラリ−マンがいました。

車椅子の乗客に発車時刻に間に合わないからとバス運転手が乗車拒否。

優しさを失いつつ在る日本人が多く成りました。

きっと、

南出さんは気にはされませんが、

あの書き込みにあえて、私が反論します。

オ−ル巨人さんの本スイング前の素振りは空振りでは有りません。



posted by 加茂 志津男 at 20:55| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

鶯の初鳴き

昨年11がつのカニの解禁に合わせて

ゴルフ仲間達と鳥取へカニとゴルフを兼ねての

旅行を私だけ楽しみましたので、

一月末に家内と福井までカニバスツァ−に参加しました。

006.JPG

私の街からの出発でしたので、

悪友達と鉢合せのバス旅行となりました。

琵琶湖の湖北から敦賀方面に向かい

久し振りに雪景色を堪能しました。

カニバスツァ-の翌日からバンコクヘゴルフ旅行に出かけました。

CIMG1753.JPG

バンコクは乾季でしたので過ごし良かったです。

三箇所のゴルフ場でのプレイを楽しみましたが

写真のタイカントリ−クラブが難しいコ−スでしたが

一番楽しめました。

CIMG1787.JPG

バンコクでのホテルはグラウンドオ-プン前の日航ホテルでした。

CIMG1737.JPG

昨年から台湾の友人が台中で4月まで花の博覧会が

開催されているのでお誘いを受けて居ましたので

家内と旧正月が終わるのを待って

今月17日から21日迄、後輩の坪本君と楽しんで来ました。

002.JPG
台中定宿の全国大飯店(ホテル)朝食マット
001.JPG

今回の訪台は台中の私学医科大学の周博士からのお誘いでした。

005.JPG
1960年開校記念校章

004.JPG
周名誉博士の客室にて

今回の訪台の目的は

私の二人の台中の友人のお墓参りを兼ねての旅でした。

台北から台中の車窓からは田植えが済んだばかりの

田園風景が観られましたが、

少しづつ様変わりして発展して行く台湾も感じられました。

昨日は日本で久し振りのゴルフを楽しみました。

朝の一番ホ−ルを85歳のゴルフ仲間と共にパ−で上がり

二人でハイタッチをしたら鶯の初泣きを聞きました。

春はそこまで来ています。

次回は訪台の様子を数回ブログさせて頂きます。


posted by 加茂 志津男 at 19:58| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

おめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

今年は、猪の年周りで私は年男の72歳を迎えます。

父の歳まで後一年になりました。

昨年暮れにう越秀跡もすっかりスケルトンになり

淋しさも在りますがコンクリ−トむき出しの空間を

眺めていて私が感じて居たのはどんな事だと思いますか?

20数年前内装工事が始まる今と同じ状態の心境でした。

多額の投資金等の返済がこれから出来るのか?

自分が考案した料理が川西の人達に受け入れられるのか?

50歳を間もなく迎える私がそこに居ました。

あれから、20数年が経過して今に至っております。

そして、

私の板前人生の後半は幸せな本当に楽しい板前人生を送る事が出来ました。

改めまして全てのお人に感謝。

004.JPG

昨年暮れに久し振りに金田たつえさんの

クリスマス会に家内と共に出席しました。

本物の演歌歌手の生歌は迫力満点です。

少しお声が柔かくなり益々歌が上手になられていました。

002.JPG

或る釣り好きの悪友が還暦を迎えられましたので

仲間達と我が家でお祝いさせて頂きました。

003.JPG

私が在るテレビ番組に10数年間程出演していた時に良く観て頂いてたそうです。

仕事は皆さん異なりますが、何だかんだと集まり飲み会三昧!

11日はこの仲間達と新年会です。

023.JPG

今年の我が家のおせち料理です。

生業のおせち料理ではなく、

家庭用のおせち料理も様々な試み料理が出来楽しいです。

今年は、丹波の黒豆を薄蜜でじっくりと炊いてみました。

黒豆本来の香り旨味が味わえて勉強になりました。

心配してた日持ちも大丈夫で通常炊きと同じ位持ちます。

022.JPG

12日は或る人の法事に出席させて戴きます。

20日からは悪友達とバンコクへゴルフに行きます。

永年苦しんで居ました、

血糖値が昨年暮れより正常値になりヤレヤレ!!!

ゴルフばかりでは無いですょ!

料理の研鑽も続けて居ますから。








posted by 加茂 志津男 at 08:38| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

第6回兵庫の食材健康料理コンク−ル審査

12月12日に第6回兵庫の食材を使った健康料理コンク−ルの

最終審査が兵庫栄養専門学校で在りましたので、

私も審査員の一人として審査に参加してきました。

001.JPG
 引退一年半!まだ、白衣が似合ってるかな?

プロ5名、一般10名での実技での最終審査でした。

最優秀者には兵庫県知事賞の名誉賞が与えられます。

002.JPG

プロの料理人と一般の人が同じ土俵でのコンク−ルでしたので、

やはり、どうしても、お味や作業工程、盛り付けに差が出て来ます。

特に一般の料理には食材に火が入り過ぎているのが多く在りました。

特に蒸し物に多く在りました。

90分の時間制限内で自己の料理を皆さんが完成されたのは立派でした。

004.JPG
        姫路娯楽

私は中華料理の料理名”姫路娯楽”が好きな料理でした。

中華料理なので季節を表した盛り付けまで求めるのは

難しいかもしれませんが、器全体に張られたソ−ス(餡かけ)の色が

濃い様な気がしました。

晩秋を思い描いた色彩食に持って行き、

輪切りの玉葱と主食をもう少し小さめにしたら

バランス良く盛れたのにと、私は思ったのですが!!!

おいしかったですょ。

無花果ジャムをソ−スにお使いでしたのでお尋ねしたら。

中華ではジャムは良く使用するそうです。

酢豚にも隠し味でジャムを使うそうです。

私は知りませんでしたので、

いい勉強させて戴きました。


posted by 加茂 志津男 at 01:03| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする