2018年12月13日

第6回兵庫の食材健康料理コンク−ル審査

12月12日に第6回兵庫の食材を使った健康料理コンク−ルの

最終審査が兵庫栄養専門学校で在りましたので、

私も審査員の一人として審査に参加してきました。

001.JPG
 引退一年半!まだ、白衣が似合ってるかな?

プロ5名、一般10名での実技での最終審査でした。

最優秀者には兵庫県知事賞の名誉賞が与えられます。

002.JPG

プロの料理人と一般の人が同じ土俵でのコンク−ルでしたので、

やはり、どうしても、お味や作業工程、盛り付けに差が出て来ます。

特に一般の料理には食材に火が入り過ぎているのが多く在りました。

特に蒸し物に多く在りました。

90分の時間制限内で自己の料理を皆さんが完成されたのは立派でした。

004.JPG
        姫路娯楽

私は中華料理の料理名”姫路娯楽”が好きな料理でした。

中華料理なので季節を表した盛り付けまで求めるのは

難しいかもしれませんが、器全体に張られたソ−ス(餡かけ)の色が

濃い様な気がしました。

晩秋を思い描いた色彩食に持って行き、

輪切りの玉葱と主食をもう少し小さめにしたら

バランス良く盛れたのにと、私は思ったのですが!!!

おいしかったですょ。

無花果ジャムをソ−スにお使いでしたのでお尋ねしたら。

中華ではジャムは良く使用するそうです。

酢豚にも隠し味でジャムを使うそうです。

私は知りませんでしたので、

いい勉強させて戴きました。


posted by 加茂 志津男 at 01:03| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

或る忘年会!!!

我が家の柿の木も木守柿を残し、

もう直ぐ全ての葉落ちとなり冬を待つのみ。

016.JPG

週末ゴルフ仲間の悪友達からうまい物を喰わせろと連絡があり

我が家で飲み会をする事になりました。

練り物おでんと河豚を堪能しました。

久し振りに、元気な新納君も仕事帰りに来てくれて

合流しての5人での忘年会となりました。

      田作りの卸し合え
020.JPG

悪友達はそれぞれ自分の飲み代持参?でのお越しです。

松木さんがお持ちくださいました、

台湾のウ−ロン茶焼酎は美味しかった。

2月に台中の花博に行く予定なのでお土産に良いかも!!!

      松葉カニ蟹味噌
029.JPG

6時頃から皆さんが集まり始め、酔いも回り始めた頃、

各人の今年一年の総括を話しする事になりました。

或る悪友が先月末にお亡くなりになりました、

共通の友人の話をされてからは雰囲気は豹変しました。

何と!!!

酒量が急に増える!増える。

お元気ならきっとこの酒席にも参加して

明るい、かん高い、

誰にでも解る笑い声で居られる事でしょうとの

皆さんの想いからでした。

     河豚創作焼きてっさ
023.JPG
冬野菜に塩を当てオリ−ブ油で和えてお好きな
ハ−ブ菜をお混ぜください。
この時に河豚皮と、とうとう身も冬野菜に混ぜて置きます。
河豚の上身に荒塩を当て30分置き、
バ−ナで焼き暖かい状態でてっさに引きます。
必ず酢橘を沿えてください。
最初はそのままか酢橘のみで食して、
舌が慣れて来ましたら割りポン酢でも構いません。
昨日は梅干の赤紫蘇の塩味で食べてみましたが、
お酒には合いました。

       焼き河豚
032.JPG

ひとりが明日から年末まで東京勤務と言う事で

年末決戦を約束して11頃散会しました。

明日はご近所のカニ料理専門店で仲間7人で忘年会!!!

旧う越秀解体も順調に作業が進んで

予定より早く終わりそうです。

跡形も無くなった状態を見るのは淋しい限りなのですが

決めた事です、これに馴れないとね。
posted by 加茂 志津男 at 10:05| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

普通人の師走?

今年の我が家の柿は豊作!

鈴なりに実りました。

200個程干し柿に仕上げました。

柿のジャムも作りました。

家内は皮を剥いて作ると云います。

私は皮ごとジャムにした方が美味しいと云いましたが、

家内の言い分を聞き入容れ皮を剥いての柿ジャムを作りました。

001.JPG
沢山実りました。
003.JPG

先月初旬ゴルフ仲間と蟹の解禁を待ちわびて

鳥取の浜村へ蟹とゴルフの贅沢な小旅行を楽しみました。

白兎海岸沿いの道の駅レストランで蟹三昧!
008.JPG

蟹すき・蟹さしみ・焼き蟹・蟹サラダ、
食べ切れない多くのカニ料理、堪能しました。

一部を紹介しましょう!

009.JPG


実は先月27日より旧う越秀店舗の解体工事が始まりました。

お店跡には歯医者さんの入居が決まっております。

今迄、様々なお問い合わせが在りましたが、

お貸しするには踏み切れない何かを感じた方が殆どでした。

お貸しする様に決断したのは、

親子で歯科医を開業しておられ、

今の老齢化した建物では息子が30年、40年も

開業出来ない、近くにう越秀さん跡に是非、

息子の為に貸して頂きたいと、お父さんからお話があり、

前向きにお話を進めて来ました。

契約はまだですが、

家主として出来るだけの協力は惜しみません。


010.JPG


う越秀のお店もこんなに成ってしまいました。
2階道路側の鼓滝のお部屋跡です。
015.JPG

2階厨房跡です。左側は社員専用トイレ、
通路奥は大広間でした。
012.JPG

天上のダクトに各設備の配線。
013.JPG

2階大広間より榮の間跡を望む。
016.JPG

夫婦共に癌を患い、

今、生かされて居る感謝の閉店でした。

多くの方々からう越秀が無くなるのは、
考えもしていなかった。

川西に在るのが あたりまえ だと皆が感じて居た
とお聞きします。

う越秀が無くなり一番困ったのはおせち料理と良く伺います。
仕方なく他で取り寄せてはみたが、納得できなかったそうです。
私には嬉しいお言葉です。

おせち料理だけでも作ってと頼まれますが、
私のおせち料理は皆様も良くご存知の
一年間の季節毎の仕込なのでもう出来ません。

昨日、阪大病院へ4ヶ月毎の経過検診日でした、
7年前の11月から12月末まで、
毎日通院して放射線治療に通って居た事を
想いだしながらの往路でした。

毎日がそうでは在りませんが、
穏やかな普通人の師走を家内と過ごしております。





posted by 加茂 志津男 at 12:16| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

一年遅れの古希祝

昨年、宮城県の高校部活仲間の木下君の所で

ゴルフをしに行こうと浦出君と出かけ

福島の穴原温泉吉川屋の隈本料理長を呼んで

ゴルフを楽しんだ時の約束で、

いそれぞれ、夫婦連れで一年後の秋に

隈本君の処で古希祝いをしょうと話が決まり

行って来ました。

浦出君・木下君・加茂・隈本料理長・坪下君
     美 女 お 三 人 様

012.JPG

隈本料理長は昭和57年頃より3年間程、

私の店で寿司・冠婚葬祭料理を修得の為に

大阪の板前仲間から預かりました。

当時は中習者のまとめ役でした。

吉川屋さんにお世話に成り15年に成るそうです。

私も初めて寄せてもらいましたが、

600名収容の大きな料理旅館でした。

女将さんが何度も来られ、

隈本君が大事にされているのが良く解りました。

料理も沢山お出し戴き恐縮しました。

一部を紹介しましょう!
003.JPG

004.JPG
005.JPG
006.JPG
007.JPG

どの料理も大型旅館の料理では無く、

全てが手作りだったのが印象に残って居ます。

数百人単位の料理であれだけの手作り料理!

見事でした。

009.JPG
 隈本料理長   家内    へんこつおやじ

近場の観光無し!

皆でゆっくり、ただただ、ゆっくりの旅でした。

帰りには東京駅で53年振りに部活仲間の佐藤君と

新幹線のホ−ムで会いました。


何時もニコニコ顔の佐藤君は何ら変わっては居ませんでした。

仕事の関係で参加出来ずに申し訳ないと言われましたが、

こんな友の笑顔で言われたら、怒れません!!

017.JPG
018.JPG
021.JPG

短い再会の時間でしたが、

53年間離れて居た時間は私は全く感じませんでした。

多分、来年は東京で集まる事に成るかな?

帰路に付きもうひとつ良い事が在りました。

私の71年の人生で富士山の勇姿を見た事が無かったのが

こんなに綺麗な富士山の勇姿を初めて観る事が出来ました。

027.JPG

53年振りの佐藤君!!!!

71年振りの富士山!!!!

私達夫婦も共に元気な時に

色々な歩美を深めて行きたいものです。

皆様も今年の錦秋をお楽しみください。




posted by 加茂 志津男 at 00:11| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

間島君おめでとう

042.JPG

内弟子最後のひとり、間島裕君が先月結婚しました。

これで、弟子達皆が家庭を持ちホッとしました。

特に、間島君には人生の節目に、う越秀の閉店とが重なり

大変申し訳無く想い続けていました。

間島君は高校を卒業後、本人が料理が好きだからとの事で

う越秀に入社してきました。

以後、ぶれる事なく13年間勤めてくれました。

青年から成人し立派な大人へと成長して家庭を持ってくれました。

間島君の一番の想い出は沢山在りますが、

入社当時、朝寝坊をして昼前にお店に入る事が良くありました。

そんな時に間島君が寝坊をしてそろそろ来る頃に

私はあえて仕事場から離れていました。

そんな、寝ぼ助さんが可愛いお嫁さんを嫁取りました。

028.JPG

私達夫婦、娘夫婦、二人の孫達まで招待して戴きました。

3世代共の結婚披露宴に出席したのは私には初めてでした。

067.JPG

間島君は男ばかりの3人兄弟の末っ子です。

羨ましい位、兄弟仲が良いです。

065.JPG

040.JPG

050.JPG

007.JPG

081.JPG

076.JPG

074.JPG

間島君は優しい立派なご両親に育てられ、
又、兄弟が仲良しなので安心しておりますが、
今後は健康と奥様を第一に大切にし、
私が元気な内に仕事の階段を登って行く様にと
お話をさせて戴きました。












posted by 加茂 志津男 at 23:53| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする