2018年12月07日

普通人の師走?

今年の我が家の柿は豊作!

鈴なりに実りました。

200個程干し柿に仕上げました。

柿のジャムも作りました。

家内は皮を剥いて作ると云います。

私は皮ごとジャムにした方が美味しいと云いましたが、

家内の言い分を聞き入容れ皮を剥いての柿ジャムを作りました。

001.JPG
沢山実りました。
003.JPG

先月初旬ゴルフ仲間と蟹の解禁を待ちわびて

鳥取の浜村へ蟹とゴルフの贅沢な小旅行を楽しみました。

白兎海岸沿いの道の駅レストランで蟹三昧!
008.JPG

蟹すき・蟹さしみ・焼き蟹・蟹サラダ、
食べ切れない多くのカニ料理、堪能しました。

一部を紹介しましょう!

009.JPG


実は先月27日より旧う越秀店舗の解体工事が始まりました。

お店跡には歯医者さんの入居が決まっております。

今迄、様々なお問い合わせが在りましたが、

お貸しするには踏み切れない何かを感じた方が殆どでした。

お貸しする様に決断したのは、

親子で歯科医を開業しておられ、

今の老齢化した建物では息子が30年、40年も

開業出来ない、近くにう越秀さん跡に是非、

息子の為に貸して頂きたいと、お父さんからお話があり、

前向きにお話を進めて来ました。

契約はまだですが、

家主として出来るだけの協力は惜しみません。


010.JPG


う越秀のお店もこんなに成ってしまいました。
2階道路側の鼓滝のお部屋跡です。
015.JPG

2階厨房跡です。左側は社員専用トイレ、
通路奥は大広間でした。
012.JPG

天上のダクトに各設備の配線。
013.JPG

2階大広間より榮の間跡を望む。
016.JPG

夫婦共に癌を患い、

今、生かされて居る感謝の閉店でした。

多くの方々からう越秀が無くなるのは、
考えもしていなかった。

川西に在るのが あたりまえ だと皆が感じて居た
とお聞きします。

う越秀が無くなり一番困ったのはおせち料理と良く伺います。
仕方なく他で取り寄せてはみたが、納得できなかったそうです。
私には嬉しいお言葉です。

おせち料理だけでも作ってと頼まれますが、
私のおせち料理は皆様も良くご存知の
一年間の季節毎の仕込なのでもう出来ません。

昨日、阪大病院へ4ヶ月毎の経過検診日でした、
7年前の11月から12月末まで、
毎日通院して放射線治療に通って居た事を
想いだしながらの往路でした。

毎日がそうでは在りませんが、
穏やかな普通人の師走を家内と過ごしております。





posted by 加茂 志津男 at 12:16| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]