2017年12月16日

句集!季節の汽水域

実はう越秀閉店前に句集を出版しました。
会席料理献立の末尾に俳句を記載しておりました。
それらを、
日章印刷の社長さんが季節毎にまとめて戴き
俳句に連想するイラストを描き
私の素人俳句ではよくご理解戴け無いと思いますので
俳句を詠んだ時の私の当時の素直な思いを添え書きさせて戴きました。

CIMG1060.JPG

序文の末尾1節を記載しましょう!

 最近20年間に詠んだ句を季節毎にまとめ、
50周年記念の句集を創りました。
18歳までの農家での手伝い事を想いだしながらの句が重になりました。
人は、ゆりかごから墓場までの人生の汽水域を一生懸命に生きて、一生を終えます。
人生を四季に例えるなら、
私達は今どの季節の汽水域の移ろいを楽しんでいるのでしょうか。
移ろう季節・移ろう人生の汽水域を楽しむのにちなみ、
句集を「季節の汽水域」としました。

う越秀の外観
CIMG1062.JPG

序文前ペ-ジの私の近影
CIMG1064.JPG

右はう越秀の鮨カウンタ−・左は或る日の料理
CIMG1061.JPG
CIMG1063.JPG

それでは!内容の一部を紹介させて戴きます。
CIMG1065.JPGCIMG1070.JPG

CIMG1066.JPGCIMG1071.JPG
CIMG1067.JPGCIMG1072.JPG

句集の末尾に記しました一部を紹介いたします。

俳句集名称付けへの「へんことおやじ」の想い。    
   一期一会の移ろう季節の汽水域
   一期一会の移ろう人生の汽水域
日本の春夏秋冬の ”走り” ”旬” ”名残” での季節の汽水域。
人として産まれて、”赤ちゃん” ”子供” ”成人”と移ろう人生の汽水域。
様々な汽水域を経験して現在の私が在ります。

(株)日章印刷、嶋内社長のおかげで立派な句集に仕上がりました。
もし、
皆様がお望みでしたらお知らせ戴ければ進呈させて戴きます。

連絡は
   uohide@jttk.zaq.ne.jp
   FAX 072-759-5537
   090-3709-8102
いづれかでお知らせください。




posted by 加茂 志津男 at 23:11| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]