2017年03月04日

三月の会席料理

三月に入りました。

猪名川にも南へ帰る渡りの鳥達が多く

観られる様になりました。

我が家の金柑を毎日啄ばみにきていました

つがいの鳥も来なくなりました。

多分、里へ帰ったのでしょう。

今月は、別れ、卒業、出会い、旅立ち 等

人生の節目に出会う月でもあります。

私も庖丁納めの時期がそこに来ています。

古希を迎えた慶びと老いへの寂しさが混同しています。

     三月の会席料理 お一人様 5670円
平成29年3月会席料理1.JPG

先付け 筋子 カラスミ 能勢大根
017.JPG
三月の先付けに私は良くこの山水画の京焼きを使います。
以後の料理や器に
弥生の桃色を強調したくてあえてこの器を良く使います。
11月に仕込んだ鮭の筋子を名残の能勢の大根と共に食して戴きます。
筋子の塩味を残して名残大根の甘味と香りで楽しんで戴きます。
カラスミも去年作りました新物です。
カラスミも大根との相性はとても良いですから。
新物のカラスミは炙らない方が良いです。

口取肴 早春の野菜と魚の酒菜です。
    蛍烏賊炊たん 菜の花辛し和え のれそれ沖漬け
    黒豆雪洞 煮梅 その他
010.JPG

造 里 鯛 カンパチ 本鮪 サ−モン
    あしらい一式
008.JPG

炊合せ 筍 蓮根 蕗 鯛荒炊き 若布餡
015.JPG

炊合せは蛍烏賊シャブシャブ、若竹鍋、その他への
献立へと移行致します。

焼き物 菜の花焼き カンパチ西京焼き
019.JPG

揚げ物 河豚のから揚げ
013.JPG

酢の物 新鳥貝 蛍烏賊 新子 黄身酢
012.JPG
食 事 筍雛鮓 
    赤だし
    季節果物
020.JPG

毎朝の買出しに猪名川の土手越に川面が見え始める頃に
この時期毎年、水仙の花が満開です。
猪名川の土手の緑が目に付くようになりました。
皆様も名残の雪合いを楽しみ、
今年の早春をお楽しみください。
posted by 加茂 志津男 at 10:26| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]