2018年05月24日

5月の西瓜

藤の花もすっかり観られなくなりました。

早生米が植えられた田圃もみなれます。

和歌山では青梅の収穫が始まったそうです。

五月に入り夕食の後に西瓜が我が家では出る様になりました。

57年前に亡くなりました祖母が亡くなる前に食べたいと

父におねだりしていました。

母想いの父は缶詰なら在るかも知れないと探しましたが在りませんでした。

現代では一年を通じて西瓜は在ります。

57年前の私が中学の二年生の時でした。

父の困ったあの時の顔は今でも覚えています。

今日は、しずばあちゃんの命日です。

勿論、西瓜はお供えしました。

CIMG6129.JPG
 88歳で亡くなりましたしずばあちゃんです。

市内の霞ヶ丘2丁目に我が家の桃畑が在りました。

桃の花が満開の頃姉が撮った写真です。

手にお持ちの花は桃の花です。

桃の木は100本以上は在った様に思います。

桃の時季は母がリヤカ−に積んで尼崎の手前の塚口まで

行商に行っていました。

当時、父は自動車免許は持っていましたが

自動車を買えなかったそうです。

CIMG6124.JPG
  その頃の元気な父です。

CIMG6126.JPG
   中学3年迄暮した私の生家です。
小作農家でした。
右側の建物は倉庫と農機具です。
左側に白壁の蔵が在ります、
私が小学の4年生頃に建ちました。
中央の瓦家が母屋です。
写真前の部分は田圃です。

田植え前の田圃の土を起して、
これから水を入れ当時は牛に農具を付けて
”苗代かき”をしてから田植えをします。

私は思いもしなかった仕事に就きましたが
18歳迄の農家の手伝いにより
幼くして自然に触れて来られた事が
料理を生業とするようになり
どれだけ助けられたか計り知れません。

閉店して間もなく一年になります。
正直!!!
淋しさは有ります。
でも、今の生活に慣れないと!!!
静かな普通の人に成らないと!!!

毎日、通学まえに兄の健斗君が寄ります。
弟の優斗君は帰宅前に寄ってくれます。
現役の時は朝の魚河岸行きや夕方にはお店に出ていましたので、
孫達とのこんな接点は在りませんでしたから。
元気な内に爺を楽しみます。






posted by 加茂 志津男 at 01:54| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

実山椒の入荷

和歌山産の実山椒の新物が入荷したと卸売業者から先日

連絡をもらい、久し振りに卸し市場に行って来ました。

和歌山の朝倉山椒を1kだけ買いました。

名残の蛍烏賊、淡路産の新子(釜揚げシラス)を買出し

山椒煮を炊いて見る事にしました。

DSC_0356.JPG

山椒は500gが詰められて販売しています。
葡萄の様に粒が在りますので一粒づつ丁寧に
はがして行きます。

葉山椒、花山椒、実山椒を私達は使い分けをします。
実山椒は走り時季で実の柔かいのが香りが最良です。

昨年秋に宝塚の私のゴルフメンバ−コ−スに山椒の実が
在るのを友人が教えてくれました。

毎年、アケビが沢山実っている近くでした。
秋に山椒の実!!!
この事は永い間の板場人生でしたが私は知りませんでした。

今春、その場所を探しましたが山椒の木は
在りませんでした。
周りが猪に荒らされ土が柔らかくなり
昨年秋の台風で残念な事に根ごと流された様です。

DSC_0354.JPG
家庭用の大鍋に調味料を入れ実山椒もいれます。
しばらく炊き、煮汁に山椒の香りを移します。

DSC_0362.JPG
灰汁取りを丁寧に行い、鍋返しを数回します。
次第に煮汁が減って来ます。
焦げ付きを怖がらないで鍋返しを繰り返し
鍋底の煮泡が極小さくなれば出来上がりです。

DSC_0372.JPG
    出来上がりの新子の山椒煮

鍋にタップリの煮汁で炊く方法が一般的で
炊き上がりましたらザルに上げ煮汁切りをします。
この炊き方だと多くの煮汁が残るので勿体無い。
私は何時もヒタヒタの少量の煮だしで炊きます。
丁寧に鍋返しをしたらお味は変わりません。

DSC_0363.JPG
名残の蛍烏賊も山椒煮しました。
富山産の蛍烏賊は山陰産よりかなり高価です。
漁場の栄養素の関係で蛍烏賊の大きさの違いからかな!
大きさから来る蛍烏賊味噌の量から来るお味の差かな!
茹で方の差かな!

でも、名残の時季の山陰産の蛍烏賊は富山産に負けていませんょ。
蛍烏賊が大きくなり富山産に見劣りしていません。
山陰産の蛍烏賊を甘辛く煮て山椒炊きしてみました。

DSC_0365.JPG
DSC_0366.JPG

  艶がありふっくらと炊き上がりました。
DSC_0370.JPG
蛍烏賊の場合は煮出汁をたっぷり使います。
沸騰したら30秒位で火止めをするのがコツかな?

どちらの山椒煮もかなり日持ちはします。
この週末、悪友達にお裾分けします。

今日は阪急電車、能勢口駅の近くに在ります、
藤の森神社の掃除に午後から出かけます。

今年も我が家の巨峰、レモン、柿には沢山の花が付いています。
梶の葉も出て来ました。

普通の人となり静かに新しい人生を楽しんで
夫婦共、健康で居られる今に感謝しています。

この春、
孫の健斗君は高校生、優斗君は中学生への進学が
一番うれしい慶事です。





posted by 加茂 志津男 at 08:06| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする