2016年04月19日

4月の会席料理雑感

今月も後10日を残すばかりとなりました。
5月の新緑を迎える迄の黄緑の新若葉の色が綺麗です。
山肌が新若葉の芽吹きでどの山も若葉で輝いています。

今月の先付けは筍の木の芽和えにしました。
月半ば頃に成りましと、月初め頃よりも
木の芽の香りも強くし新緑の色も濃くします。
DSC_5594.JPG

口取肴は蕨・蓮根喋喋・百合根花弁・うすい豆・カラスミ
土佐筍・うすい豆腐・うるい・花山葵・桜千枚昆布・鶉玉子桜花
蛍烏賊沖漬け 等の春野菜と季節の珍味盛り込み
DSC_5549.JPG

造りはお鯛さん・本まぐろ・カンパチ
季節のあしらい一式
DSC_5554.JPG

煮物替わりは蛍烏賊の沖シャブ・春野菜
DSC_5557.JPG

焼き物は桜鯛幽庵桜葉包み焼き
茗荷甘酢漬け 串レモン
DSC_5597.JPG

揚げ物 桜海老から揚げ
DSC_5558.JPG

酢の物 新とり貝酢味噌 うるい 土筆 浜防風
DSC_5553.JPG


食事 若筍巻き鮓
筍・若布・木の芽・粉カツオの食材で巻き鮓にしました。
粉カツオを外すと不思議とお味は全く別の物になります。

水菓子 季節の果物盛合せ
DSC_5559.JPG



posted by 加茂 志津男 at 22:30| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

4月の会席料理

4月の会席料理

DSC_5546.JPG


春爛漫!!!
すっかり春模様!!!
DSC_5549.JPG

春の旬山菜が多く出回る様になりました。
この時季の筍は大きくても柔かくて美味しい。
若布、白魚、筍の旬彩鍋が今年は人気です。
DSC_5557.JPG

川魚の王様、鮎も稚鮎から子鮎に成長して来ました。
蛍烏賊、のれそれ、とり貝、桜えび みんな旬を迎えました。
DSC_5553.JPG

DSC_5558.JPG

この時季のお鯛さんを桜鯛と呼びます。
兵庫県は日本海、瀬戸内海、太平洋、に接して
非常に海の幸には恵まれた処です。
DSC_5554.JPG

鳴門の海で取れたこの時季のお鯛さんは
見惚れる様な美しさが有ります。
手を付けるのがもったいない位に綺麗です。

産卵前のこの時季はお味も最高に美味しいです。
1.5`〜1.8`のお鯛さんを今は使っています。

今年の春爛漫の歳時記を公私に渡り楽しんでいます。

別れ月の3月が過ぎ!
出会い月の4月を迎えました。

献立説明は近い内にさせて戴きます。
posted by 加茂 志津男 at 21:58| Comment(0) | へんこつおやじのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする